タグ別アーカイブ: ヤマハ

ヤマハXV1900Aに荷物を!(1月23日UP!)

どもっす〜! 上垣です。

年明けにフィリピンへ行ってきました。
観光ですが、かな〜り気温が暑かったです。
冬が終わって欲しいと切実に思いました。←バイク乗れねぇ〜し。
⬇︎アッコと休憩中。なぜか写真は中華ですが……。

今回は、ヤマハさんのXV1900Aの積載量をアップさせますよ〜。
ツーリングで大活すること間違いなしの、ダブルバッグ装着カスタムを行います。

早速ですが、オススメのバッグが⬇︎こちらっ!

右側マフラー対応のダブルバッグで、容量たっぶり間違いなしっすよ!

品番  NB-43B
素材  PVC(合成皮革)&ナイロン
サイズ 縦33cm 横42cm 幅14cm
容量  20L(左側) 12L(右側)
価格  ¥29.376(税込)

容量は、左右合わせて32Lありますので、1泊2日の旅は安心してご使用頂けます。
取り付けの手順は、いたって簡単なので、下記ご参照下さい。

まずは、シートを外していきます。
ダンデムシートは、⬇︎ここのボルトを外すと簡単に取れます。

タンデムシートが外れたら、バッグをフェンダーにまたがせます。
渡りのベルトが長さ調整が効くので、良いポジションを探してください。

シートをもとに戻して完成です〜。楽勝でしょ〜!
⬇︎バッグを取り付けると、車体の重厚感が増して圧倒的な存在感を見せてくれますね〜。

気になる取り付け位置の見た目ですが、⬇︎美しいもんです。

マフラー側から見ても、綺麗に取り付けてます。
バッグとマフラーの距離も空いているので、全く問題なしです。

ちなみに、こちらの車体には、バッグの巻き込み防止のステーが取り付けてありました。
写真でも確認できると思いますが、バッグの内側に見えるシルバーの金具がステーです。

バッグを取り付け、ツーリングを安全に楽しむためには、ステー類の取り付けは必須です。
ステーを取り付ける理由としては、車体に対してバッグの巻き込みを防ぐと同時に、
バッグの型崩れもある程度防げますので、バッグの寿命を伸ばす事ができます。

ヤマハさんのXV1900Aってバイクは、とっても美しいバイクだと思います。
流れるようなデザインと、大柄な車体の組み合わせは、見てる人を圧倒させてくれますね。
国産アメリカンの部類では、1番輝いているクルーザーではないでしょうか?

輝いているメッキパーツも美しく、オーナー様の所有感を満たしてくれるパーツの1部だと思います。
デグナーのサドルバッグは、こういう車体に違和感なく取り付くようデザインしてますので、
ユーザー様に、安心して選んで頂けるカスタムパーツの1つでありたいです。

デグナーヘッドショップでは、多彩なバッグをご用意してますので、
愛車の積載量を増やしたい時は、デグナーヘッドショップにお越しください。
お客様のご使用用途に合った、バッグをお選び頂くことが可能かと思います。

只今、ヘッドショップは初売りイベント中です。
この機会を、是非ご利用くださいませ。
それでは、皆様のご来店、心よりお待ちしております。
ヘッドショップ担当 上垣 貴裕

YAMAHAセロー250の積載量を増やせ! ( 6月2日UP! )

まいどー! 上垣です。

世の中には、自分と瓜二つの方が3人いると言われてまして、出会ったらヤバいんすよね?
詳しくは知らないんすけど、ドッペルゲンガーとかいうやつでしたっけ?

ちなみに、何でか分かんないすけど、

↓自分が外人と一緒にエンジン触ってる。記憶にないんですけど………。
750

私は、単気筒のオフ車が大好きです!自分もXR250を長い事所有してるんです。

さて、オフ車と言っても、いろいろありますが、オフ車の名車と言えば、YAMAHAさんのセローでしょ!
今回は、↓このセロー250を冒険できる仕様にモデファイ致します。 漢は黙って冒険仕様で決まり。

82

このバイクにピッタリのバッグと言えば、↓こちらっ! これしかない! 売れてます!

18

デグナーの防水サイドバッグ! ちょーお勧めです! 防水っすよ防水!

品番  NB-92
素材  POLY/PVC
カラー ブラック,デジカモ
サイズ H28×W42×D18(cm)
容量  12L
価格  ¥5.940(税込み)←安い!

オフ車全般に言える事ですが、リアタイヤとフェンダーの隙間があるので、
バッグが入り込まないように、処置を行います!

↓キジマさんのハーレー用バッグサポートを、セローに移植です! なかなかピッタリでしょ?
83

まず、バッグ本体に付属されているベルトを、シートに巻き付けましょう!
なるべく、ピタっとベルトを取り付けてください!
87

バイクのシートが、カチッとしまる部分を探してくださいね~。
シートが閉まるフックの部分にベルトを通してると、シートが止まりませんので、ご注意ください。
86

ちなみにセロー250では、ベルトが余ってたので、上の写真では切断処理してます。
ヘッドショップに、お越し頂ければ、こんな処理は朝飯前で、チャチャッと作業致します!

↓ベルトが巻き付いたら、バッグを取り付けて完成! 良い感じ!
99

今回、チョイスしたカラーは、デジカモの方です。 車体とのマッチングも最高でしょ~!

車体の裏側から見ると、↓こんな感じで、バッグの巻き込みを押さえてます。参考にして下さい。
93

バッグ下側の部分と、ステーを付属のベルトで固定すれば、バタつき防止になります。

防水サイドバッグを取り付けるだけで、ツーリングの幅がグッと広がったような気がしませんか?
林道アタックされる人は、ペットボトル&お弁当を持ち運べるのが嬉しくないですか?
97

↓中身は、こんなにスペースがあります。ツーリングの土産も楽勝ですよ~!防水なんで通勤&通学にもお勧め!
100

ちなみに、このバッグ(NB-92)ですが、リュックとしてもお使い頂けるように設計されてます。
どちらでも、お好みでどうぞっ!
23

デグナーヘッドショップ名物!
↓ホーリーの「ちょっと跨がり」のコーナー! なんか、ホーリー嬉しそう。
102

セローはやっぱり名車ですね~。 あの乗ってる時の安心感からくる楽しさといったら、セローならでは!
パーツも安いし、いろんな遊びや、使用方法があって、言う事無しでしょ~。

今回のセローのカラーリングも格好良い! リムのゴールドが、バイクを引き締めてる!

↓夜のセローは、こんな感じ。 そろそろ、夜に走ると気持ちのよい季節がきますよー!
6

オフ車~ネイキッド~ストリートファイターまで、なんでもこなせる防水サイドバッグは、
デグナーヘッドショップで販売中です!
気になる方は、是非、フィッティングにお越し下さい。
皆様のご来店、お待ちしてまーっす!

 

ヘッドショップ担当 上垣 貴裕

ヤマハBOLTにサイドバッグ! ( 4月6日! )

ちゅーっす! 上垣です。
バイク乗りの皆さん、ツーリングシーズンに入りましたっ! 準備できていますか?
今週末は、デグナーの開催するツーリングイベント!
「ヘルグッドミーティグ」が開催されます。皆さん、お友達、ご家族お誘い合わせの上ご来場ください!
↓詳しくは、こちらからご覧になってくださいっ!掘り出し物や、セール品もご用意してお待ちしてます。

シーズンインしたのに、私の方は、バイクの準備が全く準備が進んでません……アカンやん!
この前も、ツーリングに誘ってもろたけど、何を着ていって良いか全く分からず、そのままツーリング行かず。←アホや。
さて、今回、ご紹介するのは、デグナーが総力を上げて開発した、「NB-100」です!
この商品、自信あります。ハイ! 自信満々の商品でございます!

DSC_0068
品番:NB-100
素材:PVC(合成皮革)/ナイロン
カラー:BLACK,NAVY,BROWN 3色展開です。
サイズ:H33×W42×D16(cm)
容量:17L
付属品:レインカバー・バッグガード・取付ベルト×2本
価格 : 16,200円(税込)
な、なんと、17Lも入って¥16,200円です。←お得!
ウインカー避けの構造を持ちながら、スポスタ系に取り付けれる最大のサイズを作成致しましたっ!
↓しかも、裏面にボードも取り付けておりますので、バックの変形や擦れ破れも軽減できます。

DSC_0069

裏面のボードは、マジックテープで移動可能なので、ステーが触れる部分に調整して使ってください!

ボルトのオーナー様にチョイス頂いて、取り付ける事にしましたっ! あざーっす!

↓まずは、取り付け位置を慎重に見てる自分。
2

↓どうやら、巻き込み防止のステーを取り付けようとしてる自分。
1

↓そんで、一気に取り付け完了。ヤマハさんのボルトは、ステーの取り付けも簡単なんで、あっと言う間です。
99

今回、チョイスされたカラーリングは、ネイビーです。なかなか相性よいですね!
マッドな車体カラーに、よく似合ってます。
102

ハーレーのスポスタ系に、ギリギリ目一杯の容量を確保したバックですが、BOLTにもドンピシャです!
たっぷり入って、違和感なし。サイコー!
103

ちなみに、巻き込み防止のステーは、今回もデイトナさんのバックサポートです。
ボルトオーナー様なら、定番のアイテムでしょ!

↓取り付け位置は、ステーにベルトを通す穴が開いてるので、そこを使います。
104

↓前側から見ても、全く違和感なし。バックの取り付け位置も違和感なくてベスポジっす!
107

やたら奇麗な車体だな~って思いながら、取り付けしてたんですが、オーナー様にお伺いすると、
バイク屋さんで納車後に、そのままデグナーへお越し頂いたようで、納得の車体でした。
新車ってええですね~。自分は新車買った事ないんで………。
108

バッグも取り付いたので、最高のボルトライフが楽しめるはずですよっ!
いろんな所にツーリングへ行って、 NB-100を使い倒してください!

今回のご利用、誠にありがとうございましたーっ!
バッグの感想、お待ちしてまーっす!

ヘッドショップ担当 上垣 貴裕

XV1900CUの積載量UP! ( 2月20日UP! )

あ~♪おいらの~♪愛しい人よ~♪
おいらのため~にクッキ~を焼いてくれ~♪

まいどっ!上垣です。

毎日、寒い日が続きますねー!
でも、たま~にあるでしょ?今日は気温がちょっと高いから、バイクに乗れるかな?って日。
そんな日に限って、仕事だったりして………。
でも、ショップにバイクで御来店頂くお客様をみると、嬉しくなっちゃったりして。

95(1)

この日も寒い日でしたが、こちらの3人名様は元気いっぱいでバイクにて御来店。
いつもありがとうございまーっす! これからも宜しくお願いします。

さて、今回はヤマハさんの大陸横断ツアラーのレイダーにバックを取付けましたっ~!
まず、バックサポートは装着済みだったので、スライドレールを取付ける事にしましたっ!

↓装着前
Exif_JPEG_PICTURE

↓スライドレール装着後
Exif_JPEG_PICTURE

スライドレールがあると、バックの脱着もスムーズに出来るし、見た目もパシッと決まるのでお勧め!
ちなみに、メーカーはキジマさん。品番は、HD-08041です。

↓いつもより真面目にバイクに向かう自分。老けたな………。

Exif_JPEG_PICTURE

↓スライドレールにバックを取付けて、一丁あがりっ!

Exif_JPEG_PICTURE

キジマさんの出されているレールの長さは、ロングとショートの2種類あります。
取付けるバックの大きさで、スライドレールの長さを選ぶとGOODです。

スライドレールを取付けされない場合は、バックレストの金具に取付けベルトを通せば、取付けOKです。

Exif_JPEG_PICTURE

取り付けたバックのスペックは、下記御参照下さい。

品番  PRSB-9B
素材  天然タンニンなめし牛革
カラー タン (ブラックもあります)
容量  13L
価格  ¥52,000(税別)

個人的には、バックのフタのデザインがすごい好きです。お洒落じゃないっすか?

Exif_JPEG_PICTURE

XV1900CUは、長くて低い車体なんで、大きいバックも小さくみえますね。
このバック、実際には横幅44cmもあるんですよっ!
レイダーって、ホントにデカっ! ド迫力バイクっすよ~!

↓そして、更に右側には、デグナー定番のマフラー対応モデルを取付けましたっ!

Exif_JPEG_PICTURE

このバックは、皆さんおなじみのマフラー側に取付け可能なショートバック!

品番  SB-32
素材  天然タンニンなめし牛革
カラー タン (ブラックもありまーっす!)
容量  11L
価格  ¥38,000(税別)

レイダーみたいに、マフラーが上がってるタイプでも普通に取付け可能な安心バックです。

↓後ろから見ると、こんな感じ! ヤベーっ!ド迫力!
Exif_JPEG_PICTURE

塗装やメッキもビシッと仕上がってるバイクなんで、個性的なバックの方が似合いますね~。
しかも、エンジンの形がめっちゃカッコ良いです。
最近の私、アメリカンタイプのバイクが気になって仕方ない模様……←なにか考えてるっぽい。

Exif_JPEG_PICTURE

御購入頂いた、オーナー様っ! 今回のご利用、誠にありがとうございましたーっ!
また、ショートツーリングがてら、デグナーヘッドショップにお越し下さ~い。
バックのメンテナンスなんかも、お気軽にお申し付けください。
コーヒー入れて、お待ちしてマッス!

62(1)

デグナーヘッドショップでは、多彩なバックを御用意しております。
是非とも、ご相談やフィッティングにお越し下さい。

尚、今週末もバレンタインキャンペーン継続中です!

皆様の御来店、お待ちしておりまーっす!

ヘッドショップ担当 上垣 貴裕

YAMAHAボルトの積載量をUPさせるべし! ( 1月9日UP! )

まいどーっ! 上垣です。
遅れましたが今年もどうぞ、デグナーを宜しくお願い致します。
皆さん、正月は飲みましたかー? 飲み過ぎ注意っすよ~。

私も、沢山飲みましたー。
年明けからベトナムに行ってたんですが、現地でフィリピンから来られてた方と意気投合しまして……。
65(1)

いやいや、楽しい時間をありがとうございました。出会いというのは、大切な物ですよね。
調子に乗って、いーっぱいビールを頂きました。 美味かった~!
さて、充電完了って事で、年明けからバリバリ仕事頑張りまーっす!

今回は、ヤマハさんのボルトオーナー様に御来店頂きましたっ~。あざーっす!
YSP30周年アニーバーサリーカラーで、とっても珍しいカラーリングでしたっ! 美しい~。
84(1)

写真のように、左右にキジマさんのスライドレールと、バックサポートが取付け済みです。
美しい仕上がりと、同色に仕上げられてるので、後付けしてるパーツですが違和感ありません!
85(1)

↓まずは、マフラー側にバックを取付けます!
86(1)

マフラー側は、バックを選ぶのが難しくなるんですよ~。
要は、取付けるバックとマフラーの距離感が大事なんです!
バックとマフラーが近すぎると、バックが焦げたりしちゃうんでご注意下さい!
87(1)

デグナーでは、マフラー側でも安心して装着できるスマートな横長バックを御用意してますよ~!
なかなか良い感じ! いいね~!
88(1)

こちらのマフラー側対応バックのスペックは、下記御確認ください。

品番  NB-44
素材  合成皮革&ナイロン
容量  12L
価格  ¥13,000(税別)

レインカバーと、取付けベルトも付属してるんで、誰でも装着可能です!
90(1)

取り付けの位置は、キジマ製のスライドレールに付属のベルトを通すだけでOK!

そして、左側には大本命の大容量バックを取付け致しましたっ! カッコエエ~!
93(1)

取付け方は、マフラー側と同様でスライドレールに、取付けベルトを通すだけです!
バックサポートがしっかりとバックの巻き込みをガードしていますね~。
95(1)

ボルトは、リアサスがありますんで、こういうバックサポートを取付ける事をお勧めします。
サポートが無いと、バックがリアサスに当たって変形しますし、巻き込みトラブルも起こりやすいです。
96(1)

フレキシブルジップで、容量が拡大するこちらのバックのスペックは、下記参照です!

品番  NB-42
素材  合成皮革&ナイロン
容量  20~26L ←用途に応じて容量を6L拡大できます。
価格  ¥16,000(税別)

94(1)
アニバーサリーカラーのグリーンが良いっす! 大人の趣味って感じですよ。

BOLTは、チェーンじゃなくてベルト式なんでバックの取付けに向いてる車両ですよ~。
ベルト式だとほら、バックが汚れにくいじゃ~ないっすか?
89(1)

2個のバックを取付けて、最大積載量が36Lアップしましたっ!
36Lあれば、かな~り積めますよ! 男性なら2泊3日は楽勝です。 世間が広くなりますよっ?
97(1)

最後は、御協力頂いたオーナー様と記念撮影を行いました。 ありがとうございましたーっ!
92(1)

2015年スタートしましたが、1/10~1/19までヘッドショップでは、初売りキャンペーンを行います!

今回の目玉は、「お年玉くじ」です! お買い上げ頂いた方には、くじ引きを行って頂いて、
最大「¥10.000」のデグナー金券を狙って頂く事ができます!

そして、メンバーの皆様にも得点がっ!なんと「ポイント1.5倍」です。
ポイントカードが、もうすぐで埋まりそうって方は、是非御来店下さい。

では、雑煮でも食べにヘッドショップに来てくださーい!

ヘッドショップ担当  上垣 貴裕

XVS1300CUストライカーをカスタム! ( 11月10日UP! )

どもーっ! 上垣です。
最近、過ごしやすい良い季節になってきましたねー。
朝とかも、布団から出たくない&ナンボ寝ても眠い、そんな季節ですわー。

ちなみに、車の中での新人K(川津)………首が無くなってる。息してんのかな?
424(1)

助手席で寝てる人の首って、大丈夫なんすかね?
たまに、首が折れたんちゃうかな?って動きをする人いますよね?
あれ、運転してて、けっこうドキッとするんですが……でも、助手席の心地良さって格別ですよね?
さて、今日も頑張って仕事すんべーっ!

今回は、YAMAHAさんの販売されてるXVS1300CUに、サドルバックを取付けました!
「ストライカー」っていう、サブネームがついてるバイクです。
「ストライカー」って言われると、思いつくのは、日向小次郎です。←分かる人には分かる。

早速ですが、↓こちらの写真がビフォアー!
482(1)

↓こっちが、アフターの写真です!
485(1)

やっぱり、アメリカンのクルーザータイプには、バックを装着されてる方が、カッコ良いっすね~。
このバイクの売りは、純正なのに、ショップさんが手を加えたかのような、チョッパースタイルでしょ!
YAMAHAさん、なかなかやりますねー!
489(1)

取付けバックは、デグナーヘッドショップお勧めの、レザーサドルバック!

品番  SB-22
素材  天然タンニンなめし牛革
カラー ブラック(経年変化を楽しめるタンカラーもあります)
容量  17L
価格  ¥55,000(税別)

長方形シルエットで、トランク型デザインです。コンチョもついてないので、スマートな仕上がり!
もちろん、コンチョが好きな方は、お取付けもできるんで、御安心下しさい。
483(1)

取り付けは、バック付属の取付けベルトを2本通すだけ。
今回は、シーシーバーが装着されてましたので、隙間にベルトを通して、簡単取付け。

取付け場所は、↓こんな感じ。ベルトを通してる位置をご確認ください。
486(1)

バックの方に、汎用性を持たせて製作してるんで、スペースさえあれば、どこでも取付け可能っす!
ベルトを通せる隙間さえあれば、加工やレールの取付けなしで、バックの装着可能です。

↓バックの裏面は、こんな状態で仕上げてます。
487(1)

ステーで、しっかり巻き込みをガードしてますね。ステーは必須アイテムの一つですよっ!
バックの裏から、革ヒモを結んでますが、これがないとバックがバタバタ動きます。
あんまりキツく結びすぎると、裏のリベットが飛びやすいので、ちょっと遊びがある方が良いです。

↓黒の車体に黒のバック。ハズレなしのテッパンコンビっすね。
484(1)

17Lあれば、だいたいのツーリング荷物は収納可能です。
たしか、革ジャンなんかも入っちゃうサイズです。
日帰りツーリングなら、お土産買っても収納OK!←家族持ちの方は、お土産は必須ですよ!
488(1)

この1300シリーズは、1900シリーズに比べて、ひとまわり小さいように感じました。
これなら、私でも乗れそうな………。←お前には無理無理!
小さいっていっても、1300ありますから、実際には大きいんですけどね。
490(1)

リアの車高が低いのが、カッコよいっすね~。絶妙なリアの車高が、このバイクの魅力と感じました。
バイクがしっかりしたサイズなので、バックがバイクの魅力をより高めてくれますわ~。

↓最後は、オーナー様と記念撮影を行って、上機嫌な私です。ハイ!
491(1)
今回の御購入、誠にありがとうございましたーっ!
次は、革ジャンでも選びに来てください!
時間のある時は、ツーリングがてらヘッドショップにコーヒーでも飲みにいらしてください。
今度とも、宜しくおねがいしまーっす。

バックが気になる方は、デグナーヘッドショップに起こし下さいませ。
皆様のツーリングライフをお手伝いさせて下さい!

ヘッドショップ担当  上垣 貴裕

YAMAHAのBOLTに革バック! ( 9月8日UP! )

人は、何故イラッとしてしまうんでしょうか?
あの、イラッとなるタイミングが、この歳になっても分かりません。
分かるのは、いつもイラっとした後で、今イライラしてるよね?って自覚するだけ。
「もうすぐイラッとくるでーっ!」←これが先に分かれば、いちいちイラつかなくて済むのに。

まだまだ、人として半人前。 精進しまっす。ハイ!

ちゅーっす! 上垣です。
最近、YAMAHAさんが気になってます。←男カワサキじゃなかったのか?
いや、だって、元気あるじゃないっすかー!←すぐに影響される人
MTシリーズや、レプリカではR1やR6、ネイキッドはXJRがず~っとあるし……。
しかも、アメリカンではあれ! BOLTっすよーっ!

今回は、YAMAHAボルトのオーナー様に御来店いただきましたっ!
サドルバックをお探しのご様子で、チョイスされたバックが↓こちらです。
3(1)

品番  PRSB-3
カラー ブラック/タン/ブラウンもあるよっ!
素材  天然タンニンなめし牛革
容量  7.5L
価格  ¥29,000(税別)

素晴らしい選択だと思います。PRSB-3は、デグナーのロングセラーですからっ!
バイクのスタイルを崩さない、ちょうど良い大きさ、厚み、デザインっす。

バックを取付ける際に、お勧めなのが↓こちらっ!
111

調子にのって持ってますが、バックサポートは、必需品ですよー。
↓中身は、こんなのが入ってます。 スペアボルトも用意されてて、とっても親切!
7(1)

デイトナさんの、バックサポートです。←ちょーお勧め!

品番 DT-90633  カラー/黒  左用  価格 ¥9,720(税込み)

ウインカー移設無しで取付け可能!
ワイズギア製のバックレストがあっても、問題なく装着可能!

何がお勧めかというと、↓これ見て下さい。
25(1)

バックサポート&バックのベルトを通す部分が、最初から用意されてるんすねーっ!
細かい所に気がつく、デイトナさんサイコーっす!
こういう作りになってると、取り付けも簡単なんすよーっ!

↓さっそく、取付けベルトを通してボルトに取付け作業。
31(1)

取り付けは、ちょ~簡単ですよ。←誰でも出来るので、安心してください。
バックの取付けベルトを通して、バタつき防止の革ヒモを結ぶだけ!

↓スタッフのニシ君が、頑張って取付け中。 私は見てるだけ!
30(1)

革ヒモを結ぶ場所は、バックサポートに結ぶのがお勧めっす~!
バックサポートもしっかり仕事するように、バックの位置を確認して下さい。
29(1)

バックサポートは、裏面でしっかりバックに当たってたらOKです。
巻き込みを防止するものなんで、バック取付けの際は、必ず取り付けましょーっ!

↓こんな感じで仕上がりましたよ~!
33(1)

サイズもボルトにばっちりで、取付け位置もバランスの良い高さです!
バックサポートにそって、取付けるだけでOK!←何も考えないで大丈夫!
34(1)

デイトナさん&デグナーの協力タッグで、バイクのドレスアップに貢献しますよーっ!
デイトナ&デグナーの「DD」超人タッグ!←サイコーっ!
35(1)

デグナーのサドルバックシリーズは、バイクのカスタム&ツーリングの幅を広げるアイテムです。
こちらのタンカラーのバックは、使い込むと色が濃くなり、変化を楽しめるバックですよっ!
革ならではの特性を、是非体験して頂きたいっすねーっ!
43(1)

後ろから見ても、なかなかの仕上がりじゃないっすか?
すり抜けも気を使わなくてよいサイズですので、安心して下さい!←ハンドルが通れば抜けれます。
38(1)

ボルトは、チェーンがベルト方式なので、バックが汚れにくいので気を使わなくてOK!
タンカラーのバックを楽しむには、なかなかの条件が揃ってます。
BOLTオーナーの皆様!革の本格サドルバックをお考え頂いてもいいんじゃないっすかね?
ハーレーじゃなくても、アメリカンテイストは充分に味わえますよっ!

では、ヘッドショップにて皆様の御来店、心よりお待ちしてまーっす!

ヘッドショップ担当 上垣 貴裕

YAMAHA XV1900CUこそ革バック!(8月12日UP!)

毎度~! 上垣です。
「大陸横断」←やった事のない、想像もつかない言葉。
そういやぁ、北海道も行った事ないわ。←素人かよっ!
そういう時間を作るのが苦手で……若い頃に行っとくべきだったよな~?
でも、その頃には「いつか」で良いと思ってたし、この歳で興味出てきたし仕方ないよね~。

懐かしの顔達が、ヘッドショップに遊びに来てくれましたー!

898

昔からの常連様は、この2人を見ると、ちょっとテンション上がるでしょ?
この2人、意外と仕事できたもんねー!
今は、別の場所で頑張ってます。少しづつ大人になってきてますわ~。

945

いつでも、遊びにきてやー! 働きにきてもOKやでー!
私も、2人に負けないよう頑張りますわ~。元気もろたー!

さて、今回は、YAMAHAさんの販売しているXV1900CUのオーナー様に御来店頂きました。
マフラー側に取付けるバックを御探し中………って事は、あのバックですね?

033

品番 SB-32
素材 天然タンニンなめし牛革
容量 11L
価格 ¥41.040(税込み)

バックの高さが低いので、アメリカンタイプのバイクでは、マフラー側に付けてもOKです。
容量も、11L入るんですよっ! ↓これ中です。見て下さい!

034

荷物の出し入れも楽勝で、すっごく扱いやすいですよー!
中には、ボードも入ってるんで形崩れしにくいです。
もちろん、ブラックのカラーリングもありますよー!

↓早速、取付けましたー! びゅてぃふぉー!
912

マフラーが、けっこう上がってるバイクですが、隙間も確保できましたー!
タン色のバックは、赤のバイクと相性良いですよっ。
日焼けして、バックがだんだん飴色になって行くのが楽しみっすねーっ!

914

ちなみに、デグナーのバックはワンタッチ金具を使用してます。
バックルを付けたり外したりは、とっても邪魔臭いんで、面倒くさがり屋の方には是非お勧め!

037

バックを開けたり、締めたりって意外と時間がかかりますが、この金具なら10秒でOK!
リペアパーツも販売してるんで、御安心ください。

これで終わりじゃないんすよーっ! 左側もいきますよー!

035

品番 PRSB-9B
素材 天然タンニンなめし革
容量 13L
価格 ¥56.160(税込み)

デザインが良いでしょ? 左右比対称なんで、「おっ!」ってなるでしょ?

↓取付けるとド迫力ですわー! XVの凄みが増しますねー!

920

そもそも、このバイクって規格外の大きさと迫力です。
普通のアメリカンタイプに満足出来ない方には、このバイクはちょーお勧めですねー。

916

しかも、最初からカスタム車両っぽいし、純正カスタムって感じかな?
低くて長いので、ハーレー以上にアメリカンですわ~!
燃費もめっちゃ良いらしく、YAMAHAさんやるねー!←えらそうに!

919

バック類や、装粧品をいくら付けても、受け止めてくれる車体。
こんだけバックを取付けても楽勝ですねー!
排気量も1.800CC以上あるんでしょ? 最強っすわ~。

922

「大陸横断」「アメリカンクルーザー」「大排気量」って感じですね。
自分は、これを街中で走らす勇気がありません。 オーナー様に敬意をはらいます!

924

XV1900CUに、デグナーのサドルバックもドンピシャで似合いますねっ!
曲線が多様されてる美しいバイクには、デグナーサドルバックがお勧めです。
今回の、御購入誠にありがとうございましたーっ!
次回の御来店、心より御待ちしておりまーっす!

レザーが好きな方は、デグナーヘッドショップに是非お越し下さい
スタッフ一同、皆様のバイクライフを、全力でサポート致します!

ヘッドショップ担当 上垣 貴裕

YAMAHA BOLTにナイロンバック! ( 7月18日UP! )

ちゅーっす! 上垣です。
今回は、BOLTのオーナー様に御来店いただきましたっ!
車体の左側に、普段使い用の小振りなバックを御探しのご様子。
YAMAHAさんのボルト大好きですよー!カッコが良いっす!

↓車体はこんな感じになってます。
273(1)

純正のキャリアに、キジマさんのスライドレールを装着済みです。
バックの取付けベルトを、ひっかけれる場所が沢山あって、嬉しい限りです。

オーナー様がチョイスされた商品が↓こちらっ!
288(1)

ナイロンバック
品番 NB-3  容量10L  価格 ¥10,260(税込み)

外車から国産車まで、幅広くカバーするデザイン。←スポスタか~250cc単気筒にもお勧め!
スマートに車体に取り付けたい方に、是非オススメの一品です。

そして、右手に持っているのがバックガードです!
ナイロンバックは、車体の裏側がダメージを受けやすいので、バックガードで守りましょう。

バックガード
品番 BG-3 サイズ縦15cm×横15cm  価格 ¥2,484(税込み)

↓「念には念を!」って事で、バック裏にリベット打ち込みでBG-3を取付け。
285

BOLTの車体にバックを取付ける場合、ステー(サポート)無しならリアサスにバックが干渉します。
サスペンションに、バックが当たりっぱなしなら、バックのヘタリが早くなりそうでしょ?
そうなると、バックの形崩れも防いでくれるバックガードが、至極の一品になる訳ですよっ!

取付けベルトを通したのは、↓この場所です。
297(1)

左側は、スライドレールに通して、右側はキャリアにベルトを通しましたーっ!
ちなみに、スライドレール無しの場合は、フェンダーレールにベルトを通す事で取付けできます。
タンデムステップも、ギリギリ使えそうですね。

↓綺麗に付きましたよ~! 似合ってますわ~!
293(1)

ボルトの黒い車体に、デグナーナイロンバックは、よく似合いますね~。
色合いと質感が、最高にマッチしてますわ~!

↓サイドビューは、こんな感じです。←ええね~!
291

ボルトは、チェーンが無いんで手入れが楽ですよね?
きっと、バックの汚れなんかも少なくて済みますよっ!←革バック付けたいですね!

294

こちらのバックは、普段使いにもってこいのサイズです。
バイクのスタイリングを崩さないので、スマートに乗りたい方は、このバックしかないっすよ!

そして、右側(マフラー側)です。 ちょっと大きめのバックつけましたーっ!
277

もともと、左側についてたんですけど、「持ち帰りどないしよ?」ってなった時に、
「右側に付けて帰りましょう!」って事になりしたっ!

デグナーで1番人気のNB-1ですが、無事についちゃいましたね~!
283

車体右側の写真ですが、こちらも美しく取り付いてます。
ひょっとすると、NB-1(ナイロンバック)を左右で2個付けても良いんじゃないっすか?
荷物を沢山積みたい方は、是非2個お買い求め下さい!

279

取付けに関しては、一番上まで引っ張って取付けてます。
バックとマフラーの距離を稼ぎたいんで、出来るだけ上に取付けようとしてます。

282(1)

スライドレールがある分、上に行った感じですかね~?
ステーや、スライドレールが無い場合は、右側に付けるとホントにギリギリになると思います。
通常だと隙間があるのに、荷物を入れたらアウトって事もあるので、注意して下さい!

280(1)

お勧め使用法としては、マフラー側に軽い荷物ってのが定番ですかね~。

↓気になるバックビューは、こんな感じでまとまってます。
295

NB-3(左側)をチョイスするか? NB-1(右側)にしちゃうのか?
悩みどころですが、用途とスタイルに合わせてお選び下さい!

298(1)

御購入頂きまして、誠にありがとうございました!
またの御来店、心より御待ちしております。是非、コーヒーでも飲みにいらして下さい。

デグナーヘッドショップでは、バックのフィッティングを出し惜しみなく行っております。
気になるバックがある場合、是非、ヘッドショップにお越し下さい。
プロスタッフが、精一杯の対応をさせて頂きますので、御安心下さいませ。
それでは、皆様の御来店、心より御待ちしております。

ヘッドショップ担当 上垣貴裕