タグ別アーカイブ: トルク

ヤマハXV1900Aに荷物を!(1月23日UP!)

どもっす〜! 上垣です。

年明けにフィリピンへ行ってきました。
観光ですが、かな〜り気温が暑かったです。
冬が終わって欲しいと切実に思いました。←バイク乗れねぇ〜し。
⬇︎アッコと休憩中。なぜか写真は中華ですが……。

今回は、ヤマハさんのXV1900Aの積載量をアップさせますよ〜。
ツーリングで大活すること間違いなしの、ダブルバッグ装着カスタムを行います。

早速ですが、オススメのバッグが⬇︎こちらっ!

右側マフラー対応のダブルバッグで、容量たっぶり間違いなしっすよ!

品番  NB-43B
素材  PVC(合成皮革)&ナイロン
サイズ 縦33cm 横42cm 幅14cm
容量  20L(左側) 12L(右側)
価格  ¥29.376(税込)

容量は、左右合わせて32Lありますので、1泊2日の旅は安心してご使用頂けます。
取り付けの手順は、いたって簡単なので、下記ご参照下さい。

まずは、シートを外していきます。
ダンデムシートは、⬇︎ここのボルトを外すと簡単に取れます。

タンデムシートが外れたら、バッグをフェンダーにまたがせます。
渡りのベルトが長さ調整が効くので、良いポジションを探してください。

シートをもとに戻して完成です〜。楽勝でしょ〜!
⬇︎バッグを取り付けると、車体の重厚感が増して圧倒的な存在感を見せてくれますね〜。

気になる取り付け位置の見た目ですが、⬇︎美しいもんです。

マフラー側から見ても、綺麗に取り付けてます。
バッグとマフラーの距離も空いているので、全く問題なしです。

ちなみに、こちらの車体には、バッグの巻き込み防止のステーが取り付けてありました。
写真でも確認できると思いますが、バッグの内側に見えるシルバーの金具がステーです。

バッグを取り付け、ツーリングを安全に楽しむためには、ステー類の取り付けは必須です。
ステーを取り付ける理由としては、車体に対してバッグの巻き込みを防ぐと同時に、
バッグの型崩れもある程度防げますので、バッグの寿命を伸ばす事ができます。

ヤマハさんのXV1900Aってバイクは、とっても美しいバイクだと思います。
流れるようなデザインと、大柄な車体の組み合わせは、見てる人を圧倒させてくれますね。
国産アメリカンの部類では、1番輝いているクルーザーではないでしょうか?

輝いているメッキパーツも美しく、オーナー様の所有感を満たしてくれるパーツの1部だと思います。
デグナーのサドルバッグは、こういう車体に違和感なく取り付くようデザインしてますので、
ユーザー様に、安心して選んで頂けるカスタムパーツの1つでありたいです。

デグナーヘッドショップでは、多彩なバッグをご用意してますので、
愛車の積載量を増やしたい時は、デグナーヘッドショップにお越しください。
お客様のご使用用途に合った、バッグをお選び頂くことが可能かと思います。

只今、ヘッドショップは初売りイベント中です。
この機会を、是非ご利用くださいませ。
それでは、皆様のご来店、心よりお待ちしております。
ヘッドショップ担当 上垣 貴裕